Portrait Of Man Lying On Bed Holding Glass Of Water And Medicine

最も痛い性病

the blister packs

エイズやクラミジアは特に痛みが伴わないので、感染の発覚に時間がかかることが多いです。気が付いた時には手遅れという可能性もありますので、定期的に性病検査を受ける必要があります。
ただ、性病の中には非常に強い痛みを伴うので、おのずと感染に気付けるものもあります。痛みの強い性病は感染に気が付きやすいので、治療が容易だともいえるのですが、あまりにも痛みが強いので、絶対にかかりたくないといえるでしょう。

痛みの強い性病の中でも、特に気を付けていただきたいのがヘルペスです。ヘルペスといえば唇にできる口唇ヘルペスが一般的ですが、そのヘルペスが性器にできた場合は「性器ヘルペス」という性病の扱いになります。
性器ヘルペスは性器にウイルスが付着することによって感染しますので、普通のセックスはもちろん、口唇ヘルペスがある状態でのオーラルセックスで感染する可能性があります。コンドームの着用でも感染を予防できないことがありますので、ヘルペスに感染している方との性的接触を避けるのが最も効果的です。

ヘルペスの初期症状は性器に水膨れが生じます。これが破裂することによって潰瘍が生じ、強い痛みを生じるようになります。特に女性は尿道付近に生じますので、あまりの痛みに排尿が困難になることもあります。
ヘルペスは性病の中でも簡単に治せる部類のものなので、バルトレックスなどの治療薬を服用することですぐに治療ができます。大切なのは初期症状が出てすぐに薬の服用を行うことです。
すぐに服用することができれば、痛みを感じる期間を最小限にすることができますので、できれば治療薬を常備しておきましょう。